バツイチ男性と未婚男性の恋愛傾向の違いを教えて!

バツイチ男性と未婚男性の恋愛傾向の違いを教えて!

どんな人を好きになるかは誰にも予想することはできません。好みの男性像があっても、正反対の人を好きになってしまうこともあるでしょう。時には、バツイチの男性を好きになってしまうこともあるかもしれません。バツイチの男性との恋愛を考えた場合、どうしても気になってしまうのが、未婚男性との違いです。両者の恋愛傾向には違いがあるのかということについてご紹介します。

離婚経験の有無による違いってどんなことがあるの?

バツイチ男性と未婚男性の最大の違いは、いうまでもなく離婚を経験しているかしていないかということです。離婚経験がその後の恋愛傾向にどのようなことをもたらすかということは、個人差がありますが、離婚は精神的にとても負担がかかることであると一般的にはいわれています。離婚を乗り越えた経験を、今後のいい教訓として活かせる男性ならば、新しい恋愛にとって離婚が不利に働くということはないのかもしれません。むしろ、離婚という試練を乗り越えた経験があるからこそ、見えてくるものもあるでしょう。ですから、バツイチ男性であるということだけで、必ずしも未婚男性よりも人間的に劣っているというわけではありません。

また、一度結婚をしたことのある男性は、結婚に対して現実的な考えを持っている可能性も高いです。未婚男性の場合、結婚生活を経験したことがないわけですから、イメージだけで考えてしまいがちです。その分、結婚に夢を持っている場合もあるでしょう。しかし、一度結婚をして、しかも失敗している男性は、もしかすると失敗を繰り返さないためにいろいろなことに協力的になってくれるかもしれません。結婚して共に生きていくということは、簡単なことではありません。時には夫婦で大きな壁を超えなければならないこともあります。その時に、経験豊かな男性は、それだけ頼りになる可能性も高いのではないでしょうか。

もちろん、ここでご紹介した点については個人差がありますので、バツイチ男性が誰でもそのような傾向を持っているわけではないかもしれません。大切なのは、バツイチや未婚という形にこだわらずに、自分が一緒にいて本当に幸せだと思える相手と恋愛をすることではないでしょうか。

バツイチ男性と未婚男性とでは周りの抱く印象が違う

バツイチ男性でも未婚男性でも、本人たちが良ければ恋愛上は問題がないという場合も多いでしょう。ただし、将来的に結婚して家族になるという場合には、少し問題になる可能性もあります。結婚となると、本人たちだけではなく身内を巻き込んでの人生の大きな節目になります。彼がバツイチであっても、自分を大切にしてくれて、離婚という苦労を乗り越えたことで成長していけるような男性だったら、結婚後も恋愛中と同じように幸せな間柄を築くことができるでしょう。

ただし、男性の内面を詳しく知らない人たちにとっては、バツイチであるということにマイナスな印象を持ってしまう人もいることでしょう。家族や友達に「一度結婚に失敗している人なのに大丈夫なの?」と心配されることもあるかもしれません。もちろん、悪気があっての言葉なのではなく、純粋にあなたを心配するからこその言葉なのですが、周りに与える印象という点では、未婚男性の方が初めは有利なのかもしれません。

バツイチ男性の良さを分かってもらうためには、恋愛関係にあるころから、自分の家族や友達に会ってもらう機会をなるべく多く作り、彼の良さを分かってもらう工夫をした方が、いざ結婚という展開になった時にスムーズに物事が進むかもしれませんね。バツイチ男性は、結婚に失敗しているとはいえ、両親へのあいさつや付き合いも経験しているので、どのように振る舞えばよいのかをわきまえている場合もあるのではないでしょうか。

同じバツイチ男性であっても子供や慰謝料の有無などによって違いがある

バツイチ男性の恋愛傾向を考える場合に関係してくるのが、前の家族とのつながりがどの程度あるのかということです。例えば、離婚していても子供がいる場合を考えてみましょう。奥さんとは離婚して他人になったとしても、子供とはそうはいきません。血がつながっていますし、自分の子供は可愛いと思う人が多いでしょう。子供と会う機会が持てる状況にある人ならば、子供と会うためにデートがキャンセルになってしまうという可能性もゼロではないかもしれません。

また、親権を持っていて子供の面倒を父親が見ている場合には、2人だけの時間が減ってしまう可能性もあります。子供の有無は、新しい恋愛を進める上で、無視することはできない重要なポイントです。

それ以外にも、男性が慰謝料を払っている状態にある場合は、金銭的な面で余裕がない可能性もあり、新しい恋愛のために使えるお金が限られてくるかもしれません。バツイチ男性と恋愛をする場合には、その人の今の状況をきちんと把握し、それが許容できるのかどうか、改めて自分自身に問いかけてみる必要があるかもしれませんね。

バツイチや未婚という形にとらわれず相手と真正面から向き合うことが大切

バツイチ男性と未婚男性とでは、それぞれに良い面とそうでない面があることが考えられます。ただし、恋愛傾向には個人差があるものです。本人たちが強い意志を持って「この相手のことを愛している」「この人と絶対幸せになるんだ」と考えているならば、バツイチや未婚といったことに関係なく、2人の新しい道を切り開いていけることでしょう。まずは、相手としっかり向き合ってお互いを知ることからすべては始まるのではないでしょうか。