今人気の甘えん坊彼氏!その特徴とは?

今人気の甘えん坊彼氏!その特徴とは?

彼氏にするなら男らしい人が良いという女性でも、彼氏から甘えられるのは案外気分が良いものです。甘えん坊な彼氏を持つと「自分がいなくちゃダメだわ」といったように母性全開になる女性も多いのではないでしょうか。甘えん坊な彼氏とは言え、外ではしっかり働いているなんてことも珍しくない為、そのギャップに萌えてしまう女性も多いはず。今回は、そんな甘えん坊彼氏の魅力や心理についてお話していきましょう。

そもそも甘えん坊な彼氏と言われると年下をイメージしてしまいますが、甘えん坊に年齢は関係ありません。彼女よりも10歳年上だろうと彼女に甘えたいと思っている彼氏はいるのです。大好きな彼氏に甘えられて嫌な気持ちになる女性は少なく、その姿さえも愛しいと思ってしまいます。母性をくすぐるのが得意な甘えん坊彼氏と一度でも付き合ってしまうと、他の人には見せない姿を見せてくれる快感に酔いしれてしまうでしょう。しかし、その反面重荷に感じてしまう瞬間があるのも事実のようです。

甘えん坊彼氏はかわいい

甘えん坊な彼氏はとにかくかわいい!これに尽きるでしょう。いい年をした大人の男性が自分の前だけで見せる姿は母性をくすぐられること間違いなしです。友達や会社の人に見せる姿はスマートなのに、自分の前だけでは赤ちゃんのように甘えてくる姿は「かわいい」以外の何物でもありません。

甘えん坊彼氏と一度でも付き合ったことがある女性ならわかるでしょうが、自分に対して従順でちょっとわがままな姿を見せることがあります。そもそも、なぜ彼女の前では豹変したように甘えん坊になってしまうのでしょうか。今回は甘えん坊になってしまう彼氏の特徴と心理についてじっくりお話していきましょう。
まず、甘えん坊な彼氏の特徴は大きく分けて3つあります。

(1) 精神年齢が低い

少年のような心を忘れていない男性に甘えん坊率が高い印象があります。見た目は普通の成人男性でも、実年齢よりもはるかに精神年齢が低い人がいます。このタイプは自分の上にお姉ちゃんやお兄ちゃんなどがいたり、両親から甘やかされて育ったタイプです。特に年が離れたお姉ちゃんがいる場合には顕著にその傾向が出てくるようです。また長男であることも多いようです。長男は他の兄弟姉妹よりも厳しくしつけられることが多い為、両親にうまく甘えられないまま育ってしまうことがあります。そのようなタイプの人が彼女の前では子供に戻ったかのように甘え始めてしまうこともあるのです。母親に甘えられなかった鬱憤を晴らすかのように甘えん坊になってしまうことも。実年齢よりも精神年齢が低い場合、彼女に対して絶大な信頼感を持ちやすいとも言われています。そのような心理が働くことによって、依存心が強くなり甘えん坊になってしまうのです。

(2) 一人になるのが苦手

一人になるのが苦手で常に誰かと一緒にいたい人は、いつも寂しさや孤独感を抱えています。一緒に過ごしてくれる彼女の存在は精神的な拠り所と言えるでしょう。社会の中で常に男らしさを求められている男性にとっては、彼女の前だけが自分らしくいられる場所なのかもしれません。寂しがり屋の彼氏は甘えん坊であることが多く、放っておくと浮気に走ってしまうこともありますので注意が必要です。

(3) 注目してもらいたい

甘えるという行為は自分に注目してほしい、構ってほしいという合図でもあります。その為、彼女に構ってもらおうと甘えるようになるでしょう。人によっては褒めてもらえることで充足感を得る人もいるのです。彼女に認めてもらいたい、注目してほしい、褒められたいという心理が働くと彼女に対して依存心が強くなり、甘えん坊になってしまいます。

甘えん坊な彼氏は彼女に対して母性を強く求めている傾向があります。安心感や信頼感を抱きやすく、どんな自分でも彼女は受け入れてくれるだろうと考えているのです。人には見せられない姿を見せてくれるのもそのような心理が働いているからかもしれません。

外ではクールだったりデキる人ほど甘えん坊かも

甘えん坊彼氏が常に人に甘えているタイプだったとしたら、あなたはきっと彼女になっていないでしょう。甘えん坊彼氏は基本的には外ではクールだったり、仕事ができるタイプが多いようです。その為、最初はギャップに驚くかもしれません。しかし、自分の前でだけ見せる姿に優越感を覚える女性も多いのではないでしょうか。

男性は小さい頃から、「人前で泣くな」「情けないことを言うな」「男らしくしろ」といったことを求められて生きています。小さい頃は甘えん坊だったと母親から言われていたとしても、大人になってまで人からそう思われる生き方はしていないでしょう。男が泣くと情けないと言われてしまうことから、どんな辛いことがあったとしても泣けないという男性も多いはず。本当の自分は情けない部分もあるのに、それを隠して生きているのです。

社会で頑張る男性にとっては、彼女の存在は癒しなのです。彼女の前では気を張る必要もなく、自分らしくいることができます。社会で頑張る為に彼女に思いっきり甘えているという男性も多いのではないでしょうか。彼氏の周囲の人間からは予想できないぐらいの甘え方をしていることも珍しくありません。その2つの面を使い分けている男性は女性からみても魅力的なのです。

元々仕事ができるタイプであることから、上司から認められ、後輩からは頼りにされているという一面もあります。頭の回転も速く、自分をどう表現すれば相手から好かれるのかわかっているタイプも多いと言えるでしょう。そのような男性と知り合ったら最後、母性本能をくすぐられてしまうこと間違いなしです。元々要領が良く、頭の回転が良いタイプでいざという時には頼りがいのあるタイプでもあるので、女性からすれば悪いところが見当たらないでしょう。周囲からはクールで仕事のできる男性と付き合っていると羨ましがられるでしょうし、自分の前でしか見せない彼氏の姿に優越感は最高潮になるはずです。

男性は毎日社会という荒波にもまれながら生活しています。仕事をするだけでプレッシャーやストレスがたまり、常に気を張り続けなければなりません。そのような生活から解放される瞬間が彼女の前なのでしょう。一緒にいる時には彼氏のしたいようにさせてあげて、癒してあげればまた社会の荒波の中に入っていけます。女性にとっては少々負担に感じることもあるかもしれませんが、彼氏を応援して支えてあげてください。

また社交性に乏しく、クールな印象がある男性が実はかなりの甘えん坊であることも珍しくありません。人と話すのが苦手だったり、無口なタイプは一度心を許した相手に対しては自分を見せることがあります。その相手が彼女であった場合、甘えん坊へと豹変してしまうこともあるでしょう。第一印象からは想像できない彼氏の姿に引いてしまう女性もいるかもしれませんが、自分の前で見せる特別な姿を楽しんでみてはいかがでしょうか。普段とのギャップにドキドキさせられてしまうでしょう。

しかし、「キツい…」と思うタイミングがあることも確か

甘えん坊彼氏はとてもかわいい存在ではあるものの、正直ちょっと「キツい…」と思ってしまう瞬間もあるようです。どんなタイミングの時にそう思うのか、例を出して考えてみましょう。

いつもどこか触れていないと不安

家の中にいる時に常にべたべたしてくるという甘えん坊な彼氏も多いようです。仕事で疲れている時などは少し一人になりたいと思ってしまうこともあるでしょうが、そんな彼女の気持ちを無視して甘えてくるでしょう。トイレにもついてくるようになる彼氏もいて、赤ちゃんの後追い状態。キッチンに立っていても後ろから抱きついてきたり、寝る時にも常に抱き合っていないと不安だと言われることも珍しくありません。大好きな彼氏だとしても、たまには一人でゆっくりしたい時には負担を感じることもあるようです。

連絡が頻繁

甘えん坊彼氏の中にはマメなタイプが多く、連絡が頻繁に来るという場合もあるようです。ちょっとでも返信が遅くなると、何度も連絡してきたり、どこにいるか確認してくることもあります。自分との生活を優先してもらおうとする傾向が強い為、彼女の行動に対してわがままな一面も。女性からすれば、自分の生活のリズムなどがありますから、いつでも彼氏を優先にすることはできません。しかし、甘えん坊彼氏は相手のことよりも自分を中心に動いてもらいたいという欲求がありますので、付き合いきれなくなってしまうこともあるようです。

何でも頼ってくる

困ったことがあると自分で決断せずにすぐに頼ってくる傾向もあります。彼女だとしてもすぐに対応できることかばかりではありませんので、正直重荷に感じてしまう日もあるでしょう。それだけ信頼されていることは頭でわかっていても、「私はあなたの母親じゃない」と辛く感じてしまう時もあります。頼られること自体が嫌なわけではなく、些細なことすらも頼ってくることに苛立ちを抱えている彼女も多いです。母親に絶大なる信頼を置いているように、彼女なら「何とかしてくれる」と思い込んでいるのでしょう。

赤ちゃん言葉

普段は社会の中でしっかり働いている男性も、彼女の前だと赤ちゃん言葉を使っているなどということもあります。正直な話、いくら大好きな彼氏でも赤ちゃん言葉はやり過ぎという意見も多いようです。本当の赤ちゃんならまだしも、体は自分よりも大きく存在感もある男性に、「今日の晩御飯は何でちゅか」などと言われてしまった日には何とも言えない気持ちになる女性も多いでしょう。特に自分自身がそれを受け入れることができる余裕がなければ嫌悪感すら持ってしまうかもしれません。

何もできない

甘えん坊彼氏の中には家事が全くできないタイプの人がいます。今まで母親にすべてやってきてもらったからなのか、自分の身の回りのことすらできないという人も存在しているのです。このような男性と付き合っていると、男性の生活上のすべてのことをやってあげなくてはいけません。母親ならまだしも彼女という立場でこれを受け止めるのは簡単ではないでしょう。

甘えん坊彼氏の心理

甘えん坊な彼氏の心理とはどんなものなのか詳しく解説していきます。甘えん坊彼氏の心理を知ることができれば、今まで以上に良好な関係を築いていくことができるでしょう。

彼女が大好き過ぎることで甘えてしまう

初めて恋愛をした時など、自分の存在を認めてもらえたような気持ちになります。自分のことを大好きな人が存在しているというだけで自分がいる意味があるのだとすら思えてきます。これは女性だけではなく男性も同じで、自分のことを理解してくれる存在に依存してしまうことがあるのです。彼女のことを信頼し、大好きだからこそ自分の情けない姿も見せることができるのでしょう。ありのままの姿を見せてくれていることは信頼感があるからこそです。

ボディタッチをしたい

母親に甘えるように、彼女の体に常に触れていたいと考えています。ボディタッチが多いことは女性としても自分が必要とされていると感じることができますので、良好な関係を築いていくことができるでしょう。また、彼女と触れ合いたいと思っていてもどうしていいのかわからない男性も多く、彼女に対してどうすれば良いのか考えた結果、甘えん坊になってしまった場合もあります。また、常に手を繋ぎたがる人やイチャイチャしたがるタイプの人も多く、自分のことだけを考えてほしいという心理が働いてそのような行動になってしまうようです。

彼女に注意してもらいたい

彼女に甘えるという行為の心理の一つに、注意されたい、叱られたいという気持ちが込められていることがあります。「ダメだよ」「そんなことしちゃいけない」「ちゃんとして」などと叱られることが嬉しいと感じる男性もいます。普段の生活の中で、自分のことを叱ってくれる女性というのは母親ぐらいしかいません。その為、彼女にそうしてもらうことで愛されていると実感したいのです。叱ってほしいから甘えていると言われると、彼女にしてみれば負担になるかもしれません。

社会の圧力から解放されたい

男性にとって社会で過ごす日々はプレッシャーとストレスが満載です。外の社会では自分の立場を守らなくてはいけないですし、責任も生じます。そのような環境から解放されたい心理が働き、彼女と過ごすことでその気持ちを埋めようとします。彼女と触れ合うことで自分を取り戻すことができ、一日の疲れを吹き飛ばすことができるのでしょう。

構ってもらいたい

精神年齢が低い男性に多いのが、彼女に構ってもらいたいから甘えん坊になるケースです。彼女の気を引きたいが為にちょっかいを出したり、甘えてみたりするのです。スキンシップを求めてきた時に彼女が突き放すようなことがあれば、簡単にすねてしまい面倒なことになるでしょう。彼氏の気持ちとしては単純に構ってもらいたい欲求があるだけなので、対処してあげると喜んでくれます。実際にしつこくされると嫌なものですが、「会社で嫌なことがあったのかな」と気持ちを察して優しく包んであげてください。

甘えん坊彼氏への適切な接し方

甘えん坊彼氏はかわいいのですが、あまりにも度を過ぎると彼女の負担にしかなりません。彼氏にやめてもらうようにお願いしても、彼女に甘えているタイプの男性は簡単にわかってはくれないでしょう。中にはふてくされてしまったり、機嫌が悪くなってしまうこともあります。そのような面倒な状態になる前に、適切な接し方を学んでおくことが大切です。

(1) 愛情表現を豊かにする

スキンシップをとりながら、彼氏の甘えに対して答えてあげてください。彼氏が甘えてくるようでしたら、体の一部を触りながら褒めてあげましょう。「偉いね」とか「すごいじゃん」など言葉で伝えながら触れ合うことで、充足感を得ることができるでしょう。少しの触れ合いでも応えてあげるだけで満足してくれますので、面倒だなと思う日でも実践していくことをおすすめします。

また、自分が愛されているかどうかを確認する行動をしてしまう男性も多いので、日常的に愛情表現をしてあげることが大切です。自分ではしっかり伝えているつもりでも彼氏が望んでいるものではないかもしれませんし、それでは足りないと感じているかもしれません。自分の中でもオーバー気味に「あなたが大好き」「あなたと一緒にいたい」などと言葉にしてあげることが大切です。自分が愛されていると感じることができれば、彼氏も同じように愛情を返してくれますので、より良い関係を築いていくことができます。

(2) イチャイチャする日を作ってみる

常日頃から甘えられるのは女性としても重荷に感じてしまいますので、思いっきりイチャイチャできる日を作ってみてはいかがでしょうか。二人きりの空間は誰にも邪魔されません。好きなだけイチャイチャしてみましょう。最初は羞恥心が出てしまうかもしれませんが、慣れてくればそれはそれで楽しめるもの。彼氏も彼女に甘えられることは嬉しいことですので、二人きりの空間で思いっきりイチャイチャしてみましょう。

(3) 子供として扱う

大人として扱うからこそ苛立ちが生まれてしまいますが、子供だと思えばその苛立ちも多少は落ち着かせることができるのではないでしょうか。子供が母親に甘えているように、存在を認めてあげ、わがままを聞き入れてあげることで彼氏の気持ちは安定していくでしょう。彼女としては荷が重い部分もありますが、二人でいる時間だけでも子供のように扱ってあげてください。

(4) 笑顔を忘れずに接する

甘えん坊な彼氏は自分がしていることをどこか不安に思っていることが多いようです。「男のくせに甘えてばかりで、うざいと思われないか」「気持ち悪いと思われないか」などと不安に思っています。彼女がいくら言葉で「気持ち悪い」「うざい」と言ったとしても笑顔で接してくれたらそれだけで安心することができるでしょう。子供っぽく甘えてくる姿に対して笑顔で接してあげましょう。

(5) 浮気に走らせない

甘えん坊彼氏は自分が構われなくなると、他の女性に癒しを求めてしまうことがあります。その為、適度に構っておかないと浮気に走ってしまうことがありますので注意してください。

過度な甘えをセーブさせる方法

甘えん坊彼氏はとてもかわいい存在ではあるものの、過度な甘えやわがままは彼女としても負担に感じてしまうでしょう。また初めてそのようなタイプの男性と付き合った場合、どう接すれば良いのかわからないという人もいるでしょう。そこで過度な甘えをセーブさせる方法を紹介していきます。甘えん坊彼氏を上手にセーブして良好な関係を築いていきましょう。

甘えさせる日時を決める

甘えん坊彼氏と付き合っていく上で一番大切なのはメリハリです。社会の中では甘えん坊な様子を一切見せない彼氏でも、彼女と二人の時間では常にベタベタ、イチャイチャということも珍しくありません。社会と彼女の前で異なる姿を見せる二面性を持っている割には、彼女に対しては常に甘えん坊全開というのもおかしな話です。その為、彼女としても居心地の良い関係を築いていく為に、二人でいる時間に対してもメリハリを作るようにしましょう。

甘えさせてあげる時間を決めたり、思いっきり甘えていい日を作るなど、二人のルールを決めておくと、お互いに心地の良い時間を過ごすことができます。甘えていい日には彼氏を子供として扱ってあげ、耳掃除をしてあげたり、頭を撫でながら褒めてあげるなど、思いっきり甘えさせてあげてください。それ以外の日には、適度な距離を保つことが大切です。彼氏のペースにならないように、程よい距離感を大切にしてください。

甘えん坊な彼氏に疲れていることをわかってもらう

甘えん坊彼氏は自分中心の子供のような人が多いのですが、そのようなタイプと接していると彼女の方が疲れてしまうことがあります。あくまでも彼氏・彼女として付き合っているわけで、彼女は彼氏の母親ではありません。その為、疲れていることをしっかり伝えることも大切です。その際に「甘えられるのは嬉しいけれど、今日は疲れているから私が甘えてもいい?」と言葉にしてあげましょう。面倒だからと突き放してしまうと、自分に自信をなくしてしまったり、機嫌が悪くなってしまうこともありますので注意しましょう。素直な気持ちを伝えることで、彼氏自身が「今日は彼女を甘やかしてあげよう」と思えるようになれば、居心地の良い関係を維持していくことができます。

否定的な言葉は使わない

男性は極端な人が多く、甘えたいと思った相手にはとことん甘えてしまいます。それに対して負担を感じると、少し甘えをセーブしてもらえないかと否定的な言葉を投げかけてしまうこともあるでしょう。「面倒くさい」「やめて」「嫌い」「気持ち悪い」「うざい」などと否定的な言葉を使うと彼自身が否定されたかのように感じ、一気に距離ができてしまうかもしれません。彼女としては程々にしてほしいというだけなのですが、突き放されてしまったことで壁ができてしまい、関係性を悪化させてしまいます。否定的な言葉で突き放せば甘えてくることはなくなるかもしれませんが、二人の関係が悪い方に向かってしまう可能性も高まりますので注意してください。

まとめ

いつもはスマートな対応をしている彼氏も彼女の前では甘えん坊という、そのギャップにやられる女性は多いのではないでしょうか。社会の中で頑張る彼氏の唯一の癒しの存在が彼女であることはとても光栄なことですよね。ただ、その甘え方によっては負担に感じてしまうこともあるでしょう。そのような時には相手を傷つけることなく対処していくことが大切です。程良い距離感を保つことが関係を長続きさせるコツです。

甘えん坊彼氏は彼女のことが大好きで、一緒にいることに幸福を感じています。大好きだからこそ信頼感が強く、甘えることで安心したいのです。自分よりも大きな体の男性が自分に甘えてくるという行為は母性本能をくすぐり、女性としてはたまらない気持ちになるでしょう。クールな男性が自分だけに見せる姿は特別で、優越感にも似たような感情を得ます。そんな自分だけに見せる特別な顔や特別な一面を味わうことができるのは、彼女の特権と言えるのかもしれません。